前へ
次へ

中学受験によって若いうちから競争心を持たせる事ができます

日本の義務教育は何もしなくても、自動的に中学校まで進学することができます。しかし、中学受験をさせることによって、小学生と言う小さいうちから、人と競い合うという競争心を持った子供を育てることができます。人にとっては、競争心をそんな小さいころから持たせるのは良くない、と思われるかもしれませんが、競争心は人を大きくさせるのです。皆と同じことをやっていても伸びるわけがありません。他人と自分を比べて、その人より上に行きたいと思う気持ちが大切なのです。中学受験において、ライバルよりも頑張って勉強して成長していくのです。そして大きな大人に成長していくのです。中学受験は、心の大きな子供を育てる役目も果たすのです。

Page Top