前へ
次へ

自治体による学習支援の取り組み

最近、自治体主導の学習支援が各地で行われています。主な取り組みは、クラスに1人か2人の割合で在籍する、発達障害の子供たちへのサポートです。クラスに副担任を置いて、更に専門のカウンセラーを常駐させる方法で進めています。この取り組みは地方都市の方が進んでいます。それというのも、地方の学校体制では、特別支援学校の設置が遅れている現状があり、発達生涯の子供たちを普通学級で面倒見なければならないためです。その現場の労力を軽減させる措置として発足した制度でもあるのです。この学習支援の制度を導入したことにより、発達障害の子供たちに落ち着きが見られるようになり、他の生徒たちへの良い影響も現れました。今まで阻害されていた障害のある子供たちも、学校生活を楽しめるようになりました。

Page Top